So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪学芸高校女子サッカー部 監督は元Jリーガー [運動部]

H25年度から活動を始める、大阪学芸高校女子サッカー部についての記事を紹介します。

大阪学芸高に女子サッカー部、監督は元Jリーガー産経新聞 5月22日(火)15時49分配信

20120522-00000129-san-000-1-view.jpg

 ■浪速のなでしこ育てたい

 7月27日開幕のロンドン五輪で、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の金メダル獲得への期待が高まるなか、大阪市内の私立高校に女子サッカー部が誕生する。監督に元Jリーガーを迎え、Jリーグ1部セレッソ大阪のサポートも得て、来年度からの活動開始を目指しており、関係者は「関西女子サッカー界の活性化につながれば」と期待を寄せている。

 女子サッカー部を新設するのは、大阪市住吉区の「大阪学芸高校」。同校は空手やアメリカンフットボールなどのスポーツに力を入れている。昨年10月から準備を進めてきたといい、同校の武田一仁(かずよし)校長(64)は「地元大阪出身の女子サッカー選手が育ってほしいという思いがある」と創部の理由を説明する。

 府内でも近年、女子サッカーのレベル向上を目指す機運が高まっている。今年4月、堺市堺区に日本サッカー協会(JFA)主導で、女子中学生を対象としたエリート選手育成機関「JFAアカデミー堺」が開設された。また、セレッソ大阪が平成22年に女子チームを発足させ、中高校世代の選手育成に取り組んでいる。

 監督には、鹿島やセレッソ大阪などでFWとして活躍した元Jリーガーの真中靖夫氏(41)が就任。また、大阪市西成区内にあるセレッソ大阪の練習場を借りる予定で、地元チームの支援も受ける。

 今夏に北信越で開催される全国高校総体(インターハイ)では、「女子サッカー」が初めて加えられる。真中監督は、部員らにプロの知識と経験をたたき込む方針で、「目標は3年以内の全国大会出場」と意気込む。武田校長は「女子サッカー界の裾野を広げる一助になれば」と話している。

 ■増える「全国の舞台」

 大阪府サッカー協会によると、今年4月現在、府内の女子チーム登録数は社会人なども含めて38で、計728人が所属。うち、高校はクラブチームを合わせて20ある。近畿6府県では、なでしこリーグのINAC神戸がある兵庫県が同56、1069人でトップだ。

 これまでは、全国の女子高校生チームが頂点を目指す大会は、日本サッカー協会(JFA)が主催する「全日本高等学校女子サッカー選手権大会」が挙げられ、来年1月開催で21回目を迎える。

 今夏の全国高校総体で、「女子サッカー」が初めて開催されることから、なでしこの卵たちにとって、“全国の舞台”が増えることになる。

 府内では、大阪桐蔭高校(大阪府大東市)の女子サッカー部が強豪校として知られ、昨年の「女子サッカー選手権大会」で準優勝を果たしている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。