So-net無料ブログ作成
-| 2011年09月 |2011年10月 ブログトップ

大阪学芸高校のエコ活動

こんにちは!
今回は、大阪学芸高校が取り組んでいるエコ活動のひとつ、
マイボトル配布についての記事をご紹介します。

大阪学芸高校の「マイボトル」配布について (2011.04.19)

大阪学芸高校では昨年の「エコアクション21」の認証を受け、日々の学校生活・教育において環境意識の涵養に努めています。  2010年6月に環境省の「マイボトル・マイカップキャンペーン」がスタートしました。
このキャンペーンは「学校や会社にマイボトル・マイカップを持参して、ペットボトルの過剰な消費を抑えよう」という
活動であり、資源循環型社会の形成を推進する取りくみです。
大阪学芸高校でも今年度、全生徒・教職員に「マイボトル」を配布し、環境省のキャンペーンを推進することになりました。
また食堂前に「コールドウォーターディスペンサー」を設置し、生徒・教職員が
いつでもマイボトルに飲料水をめる環境を整えました。
全校挙げてマイボトルを持参しペットボトル消費の抑制をはかることで、環境意識を大いに高めていただきたいと思います。


マイボトルの写真も載っていましたが、校章が入った、綺麗な 赤色のボトルでした。
洗ったら再利用できるボトルってやっぱりいいですね。 学校挙げて活動したら、かなり大きな効果がありそうですね。


nice!(0)  コメント(1) 

大阪学芸高校の長い歴史

大阪学芸高校情報

 
こんにちは! 台風が去りましたね。 今日はとても涼しいので快適です。
季節の変わり目なので、みなさんも風邪などに気をつけてくださいね。

ブログ2回目の今回は、大阪学芸高校 学園の歴史を見て行きたいと思います。
遡ると1903年とかなり歴史のある学校で驚きました。

年代 学園事項 1903年 大阪市浪速区貝柄町に甲種商業学校創立(6月)
1912年 夜間甲種商業学校併設(4月) 1939年 「財団法人成器学園」に組織変更(3月)
1940年 「校歌」制定(3月)作詞[宮本 郁]作曲[目賀田萬吉]
1944年 時局の要請により「成器工業学校」に校名変更(3月)
1945年 戦災により今宮校舎焼失し長居に移る(3月)
1946年 「成器商業学校」に復す(3月)
1947年 「成器中学校」設置(3月)
1948年 「成器商業高等学校」設置(3月)
1951年 「学校法人成器学園」に組織変更(3月)
1953年 創立50周年 講堂竣工
1958年 創立55周年 現在の「校歌」作曲[香本世志夫] 旧東校舎北側竣工
1960年 旧東校舎南側竣工
1961年 普通科設置(4月)
1963年 創立60周年 創立60周年事業(体育館竣工・校祖銅像建立) 成器中学校募集停止(4月)
1967年 西校舎北側竣工(現存)
1971年 和泉市三林町で校地購入検討(1月)
1972年 生徒増加に伴い校庭にプレハブ教室建築(3月)和泉市三林町に校地購入(5月)
1973年 創立70周年 学園再建のため新体制スタート(4月) 木造柔剣道場跡に鉄筋5階建校舎竣工[現西校舎南半分](4月)
1974年 「成器高等学校」に校名変更(4月)
1978年 創立75周年 1979年 「奨学基金」設立
1983年 創立80周年 和泉市三林町山林一部売却(4月) 校地購入[旧近畿相互銀行女子寮跡(1,633㎡)現中等教育学校](4月) 創立80周年記念行事[毎日ホール](6月)
1984年 旧東校舎および別館の空調設備(4月) 生徒増により教室増設(4月)
1985年 校地購入[現同窓会室(54m²)](10月)
1986年 商業科生徒用パソコン導入[25台](7月)
1987年 「学園広報」第1号発刊(5月) 校地購入[現百周年記念会館(300m²)](6月) 教職員海外研修制度実施(11月)
1988年 創立85周年 普通科総合制に移行[特別進学・国際経済・スポーツコース](4月) 商業科廃止(4月) 総合校舎地鎮祭[創立85周年記念事業](4月) 和泉市三林町山林売却完了(7月) 1989年 制服制定(4月) 総合校舎竣工[創立85周年事業] 落成記念式典(6月) 1990年 第1回海外修学旅行[オーストラリア](5月) 全校舎空調設置(12月)
1992年 教員交換留学制度実施(2月) 「クラブ特別推薦入学制度」導入(3月) オーストラリアキャスルヒル高校と姉妹校提携(5月)
1993年 創立90周年 スポーツコース・国際コース廃止(4月) 「創立90周年誌」発刊 創立90周年行事[IMPホール](10月)
1994年 ・総合グラウンド用地購入[大阪府南河内郡河南町(26,036m²)](3月) 「私立学校経営者協議会」加入(4月) 「中学校設立準備室」発足(4月) 「情報処理室・図書館」を別館より西館に移設(9月) 「中学校開設申請書」提出(11月)
1995年 「SI委員会」設置(4月) 「河南町総合グラウンド」地鎮祭(5月)
1996年 大阪学芸中学校設置認可(3月) 中学校校舎[旧別館跡]竣工(3月) 大阪学芸中学校[男女共学]第1期生入学(4月) 高等学校家庭科実習室[被服・調理]新設

(4月) 「大阪学芸中学校・大阪学芸高等学校」に校名変更

「百周年記念史編集委員会・百周年記念事業委員会」設置(6月) 高等学校第1回語学研修[ニュージーランド]実施(8月) キャスルヒル高校生日本語研修のため来校(11月) バドミントン部「全国私立高等学校第1回選抜大会」優勝(11月)
1997年 「クラブ特別推薦入学制度」廃止(3月) 中学校第1回語学研修[カナダ]実施(12月)

1998年 創立95周年 大阪学芸高校「国際コース{男女共学}」設置(4月) 「河南町総合グラウンド」竣工(5月) 東校舎増築工事着工(7月) 百周念記念基調テーマ・ロゴ決定(9月) 『百周年 未来へ翔る大阪学芸』 創立95周年行事 [フェスティバルホール](10月)

1999年 東校舎竣工(4月) 大阪学芸高校国際コース「第1回必修語学研修」[カナダ]実施(7月)
2000年 高等学校機構改革実施(4月) 「百周年記念募金事業」開始(7月) 大阪学芸高校 スポーツコート用地[JT官舎跡(1426.61m²)]購入(12月)
2001年 「学校法人大阪学芸」に法人名変更(1月) 「スポーツコート」着工(2月) 「スポーツコート」完成(7月) 2002年 河南町第2グラウンド[ソフトボール場]竣工(9月)

2003年 創立百周年 大阪学芸高校 空手道部女子団体形競技全国大会優勝(3月) 「大阪学芸中学校」廃止(4月) 「大阪学芸中等教育学校」新設(4月) 「百周年記念会館」[旧駐輪場]竣工(7月) 校祖銅像改修整備(9月) 「創立百周年記念式典・祝賀会」[帝国ホテル大阪]開催(10月) 「成器商業学校発祥之地」石碑完成(10月) 「創立百周年記念誌」発刊(12月) 2004年 高等学校「授業評価制度」開始 大阪学芸高校「シラバス(年間授業計画)」作成
2005年 本館グランドに人工芝敷設 大阪学芸高校「選抜特進コース」設置 中等教育学校「進学コース」廃止
2006年 中等教育学校創立10周年 中等教育学校「スーパー特進Eコース」設置

2007年 大阪学芸高校 高等学校教務システム「シームス」稼動 中等教育学校「授業評価制度」開始
2008年 南館竣工(4月) 大阪学芸高校「サテネット・システム(オンデマンド衛星配信学習ソフト)」導入(4月) 中等教育学校「シラバス(年間授業計画)」作成(4月) 学園「行動理念」制定(11月) 学園「中長期経営計画」発表(11月)
2009年 学園ホームページのリニューアル(7月) 中等教育学校教務システム「e-スクール」稼動(9月) 「エコアクション21」への取組み開始と学園「環境理念」の制定(11月) 河南町第1グランド改修工事実施(11月)

2010年 大阪学芸高校「特技コース」設置(4月) 高等学校自立学習応援プログラム「すらら」導入(4月) Jリーグ「セレッソ大阪」と「オフィシャルパートナー契約」を締結(5月) 西館「トレーニングルーム」設置(7月) 中等教育学校 海外修学旅行実施(9月) 学園「エコアクション21」認証・登録(10月) 中等教育学校 ユネスコスクール加盟(11月) 太陽光発電設備導入(1月) 大阪学芸高校 国際コース 海外1年留学の実施(1月) 西館「ダンス室」設置(3月)
2011年 「図書館」を西館から本館に移転して、リニューアルオープン(4月)

長い歴史ですね。大阪学芸高校がどんどん進化して言っている様子が
一覧をザッとみるだけでも伝わるようです。
それでは。また次回もよろしくお願いします。


大阪学芸高校情報

大阪学芸高校情報をお知らせしていくブログ

第一回目は 大阪学芸高等学校の"「教育の質」の向上"について
公式ホームページから引用して書かせて頂きますね。

学校の中心は授業です。授業の充実に全力をあげます。 そのために、教職員の研修(自己研修・職域研修・外部研修)を深めます。 保護者の「授業参観日」(6月第2週)を本年度より始めました。 教育環境の充実 南館新校舎が完成しました。 エレベーター・防犯システム設置、収容式ステージ付体育館、屋上スポーツコート、駐輪場(地下1階)等を併設します。それに伴い、本館・西館校舎に余裕が生じますので、クラブ専用更衣室や 進路指導室等を開設し、生徒の教育環境を充実させ、学力向上等に資します。 生徒の自学・自習を支援するために
1.管理自習室の充実 管理自習室は、放課後から夜9時まで利用可能。毎朝の申込み制。
2.「駿台サテネット21」 を導入しています。 「駿台サテネット21」は、通信衛星を利用して、東京から発信された放送講座をオンデマンド方式(※1)で受信し、自学自習できる装置で、当面45台設置します。 基礎学習から大学入試センター試験,国公立大学二次試験対策までマルチに対応できますので、大いに活用していただけます。
(※2) ※1 いつでも・どこでも・誰でも・好きなときにアクセスできる方法。
※2 別途、受講登録料が必要となります。
3.自立学習応援プログラム「すらら」を導入しています。 「すらら」は中・高範囲の教科(英・国・数)が学べるパソコンを使ったシステムです。個別の弱点を見つけ、克服するための問題を自動選択する「難易度コントロール」機能により、「理解」と「定着」をサポートします。


nice!(0)  コメント(1) 

-|2011年09月 |2011年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。